« 10月10日、武蔵総社 大国魂神社にて、勇武館道場が天然理心流の奉納演武を披露しました。 | トップページ | 平成28年11月13日、全国刀道連盟全国大会で勇武館道場が天然理心流の演武を行いました »

2016年10月21日 (金)

10月16日、秋の筑波山に登ってきました。

10月16日、秋の筑波山に登ってきました。

   281016    281016_2

   281016_3    281016_4

   281016_5    281016_6

 久しぶりに快晴の週末となり、100名山の一つ、筑波山は家族ずれの登山者で、大変な混雑でした。

 山頂近くの休み場では、苦労して登った事も忘れたかのように、皆さん、おもいおもいに、お弁当を広げ、楽しげに食していました。微笑ましいですね。

 頂上から見渡す秋の関東平野は、取り入れの終わった稲田が広がり、遠く望まれる上信国境の山々、日光連山は静かに冬を迎えようと、たたずんでいました。

 筑波山神社の境内では、秋の日差しを受けながら、有名な 「がまの油売り」 実演の口上が人気で見物人の輪が出来ていました。なつかしい。

 里山の農家の庭先には、みかんが色づき、柿の木には、富有柿がたわわに実っていて、思わず手を出したくなりました。 「もし!もし!・・・」 と声がかかりそうで手を引きました。

 筑波山周辺は、遠く奈良時代より多くの和歌が詠まれており、また、万葉集にも数多く編集されています。

 また、筑波は連歌の発祥の地でもあります。有名な連歌発祥の歌が碑にきざまれています。

 倭 建 命

「 にひばり つくばをすぎて いくよかねつる 」

 御 火 焼 の老人

「 かがなべて よには ここのよ ひには とをかを 」

説明文によりますと・・・「古事記」によれば、ヤマト タケルノミコト が東征の帰り道、甲斐(山梨・甲府)酒折の宮に、お着きになった時、 「常陸の新治(土浦)、筑波を過ぎて幾夜、寝たのだろうか」 と詠われたところ、御火焼の老人が 「日数重ね、夜には九夜、日には十日です」 とお答えした。・・・・これが連歌の初めてとされ、以降、連歌を「筑波の道」というようになった。・・・・とあります。

 連歌とは、皆さんご存じの和歌の上句と下句とに相当する五・七・五の長句と七・七の短句との唱和を基本とする詩歌です。

 倭建命の詠んだ句が、始まりとは知りませんでした。 彼は、土浦・筑波から箱根近くの足柄、甲府、信濃、尾張、伊吹山を経て能煩野で病の為、亡くなりました。大和への望郷の念は、もう少しの所で叶いませんでした。

 
















« 10月10日、武蔵総社 大国魂神社にて、勇武館道場が天然理心流の奉納演武を披露しました。 | トップページ | 平成28年11月13日、全国刀道連盟全国大会で勇武館道場が天然理心流の演武を行いました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1991967/68056865

この記事へのトラックバック一覧です: 10月16日、秋の筑波山に登ってきました。:

« 10月10日、武蔵総社 大国魂神社にて、勇武館道場が天然理心流の奉納演武を披露しました。 | トップページ | 平成28年11月13日、全国刀道連盟全国大会で勇武館道場が天然理心流の演武を行いました »

フォト
無料ブログはココログ